印刷の難易度

印刷には様々な難易度があります。技術的にもそうだと思いますし、入稿や、それまでに掛かる何かかもしれません。予算やタイミングもあるでしょうし、それぞれがそれぞれで、印刷の難易度だと言えます。では、印刷を策定する上での難易度とはなんでしょうか。この場合、その全てを統括する印刷というものをスムーズに遂行する為のポイント、というものが一点あります。今は、むしろ、それさえクリアしておけば、印刷の発注者たる私達が質の良い印刷加工物を手にするのは容易であるとさえ言えます。それは、印刷の「頼みやすさ」を基準とした難易度です。例えば、町の見知らぬ印刷所に突入して発注する場合と、グラフィックに発注する場合、どちらが発注をしやすいでしょうか。答えはとても簡単です。それはグラフィック、と、ほとんどの人が答えると思います。加工の種類の豊富さ、値段も含め、品質を見比べれば、値段相応、しかも、いろんな発注の仕方をサポートまでしてくださっている。基本、技術の高い所に頼むのは、とても難易度が高いのですが、これにも理由があります。職人が頑固だとか、営業が居ないとか、もちろん諸説ありますが、一番は、その規模と経緯を見れば一目瞭然なのです。個人が発注する数字というのは、せいぜい数千枚まで、といった所だと思いますが、キャリアを積み、技術を高めた所は、何万枚、何十万枚と、同じ仕様のものを繰り返し印刷してきた経緯が、そういった難易度の高さを生んでいます。また、技術の高まり=その工程の複雑さを日常化してしまっているパターンもあります。発注者がその仕様に合わせる為に、様々なものを用意しなければいけない難易度の高さです。これも恐らくは「頼みやすさ」を発端とする難易度と定義する事が出来ますし、同時にこれらを意識しクリアをしていく事で、他の難易度も緩和されるはずです。自分にとって、相応しい印刷とは何か、今、自分が作ろうとしている印刷物は何か、など、きちんと難易度を選び取り決定する事で、より明確に頼む場所が見えてきますし、仕上がりが分かってくるかもしれません。では、私たちは何の為に技術を知ろうとしているのでしょうか。または、印刷の側も何故、発注者に技術の解放を行っているのでしょうか。この件に関しては現状、疑問を感じずにはいられません。もちろん技術を学び、新しい知識を手に入れ、印刷の発注の機会を伺う事はとても大切な事だとは思いますが、発注者と印刷所の距離を縮める事は、もしかしたら、善い印刷の発注者を生む事になるのかもしれませんが、最近の動向として、印刷所が恐くない場所であり、皆んなの場所なんだよアピールが横行しつつあるようにも見えるのですが、これは、本当に印刷にとって正しい道なのでしょうか。本当に善い発注者を生む行為と言えるのでしょうか。印刷を策定する上での難易度設定において、なんの達成にも成っていないようにも感じますし、なによりも、目新しい、分かりやすい、崇高な技術というのは、すぐ消えます。これは既に様々な分野が経験してきた事だと思うのですが、印刷の技術は果たして、そうあるべきものなのでしょうか。だって、印刷加工技術なんて、どんなに見せ方変えたって、そんなに変わらないし、で、あるならば、オフセット印刷界隈の純粋に技術を追いかけて、その専門性の高さを維持している方が真摯な姿勢でありつつ、そういった技術の難易度を下げる作業の方が、とても印刷の世界に貢献出来ているし、そういう意味で文脈としての「過去」の技術としての印刷、というのは同時に希少価値も高くなる、という事だと思います。少し後半は某加工連に向けた目線で書いてしまったが、こういった現状に対して、難易度を設定し、意識した上で解決に向かう視点の育みは、そういった消えそうで、もがいている古い技術に対して、今の最先端の技術との連携を生み出すきっかけになるのではないか、と期待も込めています。

策定を公開するメリット

かつての資産であり、それぞれの個人が所有し仕事に成りえた「策定」を公開し、共有するメリットは何処に存在するのだろう。デザイナーや、それらに関連した人々が持ちうる財産を投げ捨てるような行為にどのような意味があるのだろう。いや、果たしてそれは投げ捨てる行為と言えるのか、または現在もその資産としての価値は保たれているのだろうか。答えはとても複雑です。印刷分野の発展は技術と共に歩んできたというのは既にお判りの通りかと思いますが、中には公開する事がデメリットとなる「策定」が存在します。それは今現在でも価値を持ち得ている現在進行形の「策定」です。もちろん中には公開した方が効果的なものが存在していますが、それがもし誰もが使えない限定的な「策定」だったりすると、もしかしたら印刷の発展にブレーキが掛かってしまうかもしれません。何故なら、脱落者が増え発注の難易度が上がってしまうからです。また、大きなメディアになればなるほど、その公開には気を使うべきだと思います。なので、かならず、かつて価値のあった、そして今は価値の無くなったもの、または、現在進行形であっても誰もが扱えるもの、を選定する必要があります。パブリックアートや、パブリックドメインのように表現の所有に寿命が定められているように、印刷にとって「策定」にも寿命が存在し、解放されるべき観点があるのです。文学で言うところの「青空文庫」のような機能が印刷にもあらねば、かつて価値が存在したものは忘れさられ無くなります。しかも、この「策定」はパブリックアートや、パブリックドメインよりも、その公開の意味は大きく、単に著作者の死後、という感じで、時間の流れに抗えない類のものではなく、「策定」は事例という意味が強い為に、そういった時代性や感性に寄らない、まさにそれこそ必要ではなくなった技術、方法、局面といった、一度無くなれば思い出されたり復活する事のないそういった要素が含まれます。だからこそ公開が必要なのです。しかし、表現や作品といった単位での公開は、時代や感性に取り残されてしまいます。せいぜいノスタルジー的な背景を拭えない古い何かに変化するのは目に見えています。そこで「策定」なのです。「策定」という考え方は、技術に寄った視点です。なので、公開をしておく事で、時代性にあった利用の仕方をたくさんの人で考える事が出来るのです。また、この場合の時代に合ったとは、それぞれの局面であり、それは新しい策定だけでは解決しないものも含まれているはずです。また、これを「技術」とせず「策定」としているのは、印刷にとっての「技術」は機械そのものですから、かならずいつかは無くなります。しかもそれはかなり短いスパンであると過去の流れからも汲み取れますし、よりこれからは、そのスピードが増していくものと考えられます。活版印刷機も既に大型のものは無くなりましたし、稼働していたとしても、それはとても稀な状態だと言えます。ただ、そのような予想される事態、状況の悪化を堰きとめる役目が「策定」を公開する最大のメリットではありません。あくまでそのような事態は「技術」が引き起こす自然な流れあり、逆に堰き止めてしまっては技術そのものの衰退を招く可能性があります。しかも堰き止めてしまう事で「策定」でさえも、その流れに巻き込まれる形で次の技術に生かされる事なく閉じ込められてしまう危険性があります。大切な事は1つの「策定」は数多くある「策定」の中の1つである事、そして、その「策定」もまた、数多くの「策定」を生むきっかけにあれば、また、そのようなものが選定に及べば「策定」を公開するメリットと言えると思います。かつて価値を持っていた「策定」を新しくし、その事例を増やす事が、このプリパブの使命でもあり、これから皆さんにお見せしたい印刷を介した表現だともいえます。また、これから当然のように起こるであろう技術の変化の際に「印刷」というものが、どのように見られ存在していくのかを想像した時に、もしかしたら、紙に刷られるという事が無くなってしまうという考えに至るかもしれません。もしくは、そういう事態に直面するかもしれません。そういった時に、今、「策定」を選定し「公開」して準備しておく事で、スムーズに次の「技術」に「印刷」というものを残す事が出来ると思うのです。

策定を行うチャンス

方法とチャンスは無数に広がります。印刷を発注するタイミングは、それぞれが抱えている事柄に反映されます。その反映された時を逃さないように、ショートカットキーのごとく策定を用意しておく事で、様々な労力から解放されるのです。では、反映された瞬間とはどのような時を示すのでしょうか。印刷を発注するタイミングの反映とは、その利用目的の思索が達成され、その結果を計画した時に表れます。印刷というものに接する時、多くの人達は、グラフィックデザイナーや、印刷所など、そういった印刷を司る人間に声を掛ける事になると思いますが、その際に勝手な想像や、個人的に抱いている印刷への願望や幻想を元にした声掛けで、無駄な時間を費やするパターンというものが実際に存在したり、他方からそういうお話を聞いたりする事があります。普通は、もしくは、大概は、そのようなパターンの場合は、大いなる愛情で、もしくは、業務内のサービスとして、ゆっくりとリスニングを繰り返し察知し、時に優しく、時には暴力的に案件をクリアしていく事になるのですが、果たしてそれが、印刷を発注する側の投資に見合った方法であるかと聞かれれば、少しの疑問が生じます。その疑問を解き明かしてくれるのが「策定」に当たるのですが、つまり、予め「策定」を行えば、話し掛け方のチャンスを大幅に増やす事が出来るだけでなく、話が多方に及ぶ場合のグリス役として互いのストレスも軽減されるのです。その方法としては、予め多くの「策定」を用意しておく事と、その場合の実例を出来るだけ揃えておく事がとても大切です。また、「策定」という発想は、多くにまたがる印刷の利用分野を区分けする役目も負う事が出来るのではないかと期待しています。その場合にシーンに分けるという考え方も良いかもしれません。同人や、アナログゲームや、音楽、グラフィック、漫画、アニメ、役所などなど、さまざまなシーンで捉えられている印刷というものの見方、技術の選択や進め方などをサンプリングしておき、それらを1つの技術、または利用用途、または可能性を分別しておく事で、それらが必要になった場合の言葉の共通項のヒントとしても活用が出来ます。ただし、重要な事は、この「策定」は個人が一人でたくさん持ち得ている事になんら意味を持つものではありません。今までは、もしかしたら、それがグラフィックデザイナーであったり、そういったプリンティングディレクション的な立ち位置だったのかもしれませんが、いずれにしろ、現在そのような状態が価値になったり、ビジネスになったりは考えられにくく、逆にそのような在り方は、様々な印刷発注の状況の妨げになってしまうのではと危惧しています。ですので、「策定」は、それを公開する事、共有される事、変化し続ける事が前提で行うべきなのです。前時代的な印刷物を通した「モノづくり」は個人の域を出ずに「作品」を良しとしてきました。それこそ、JAGDAで行なわれている新人賞の傾向や、ADCもそうでしょうし、TDCはマシですが、個人領域の個性が光る作品的な何かが社会に影響した事への価値みたいなものが、グラフィックデザインにとっての評価基準になっていたりするのですが。この「策定」は、そういったものから印刷を解放する手段になるのです。前述の評価を「策定」という目線で置き換えてみた時に、その個人として評価される対象は、デザイナーではなく発注者という事になります。JAGDAや、今ある、そういった評価基準となっている協会の類が、あくまでデザイナーを対象とし続けるのであれば、「策定」という評価基準で行った場合に、そういったものからは評価はされない枠の外である「発注者」に光を当てて、よりよい印刷の運用の実現を目指した動きを作る事が出来、それは新たな「策定」を行うチャンスへと繋がっていくのです。

策定によって得られるもの

策定は印刷に目的と自由を与えます。それらは発注者が抱え、対面している物事に由来し形作られます。数多くの策定を取得する事で、対面している物事への対応の幅や、回答のチャンスを大幅に広げる事が出来ます。また、より高品質な印刷が無駄な時間を省いて手に入れる事が可能になりますので、誰もが良質な発注者としての機会を得ます。策定を行えば、本来そうではない分野の人が、該当する分野に参加し、様々な市場の活性化に繋がるものと考えられます。これは、他の分野にも言えることかもしれませんが、圧倒的なモノづくりは注目を浴びて、多くの消費者を獲得するに至ります。それはデザイナーの本分として、しばしば語られることがあります。ただし、誰もが真似できない領域に達してしまうと、消費者のみを産出し、市場そのものの活性化には繋がらないリスクも、同時に発生します。そんな中で、この策定は印刷分野において、一極化を避ける為のカンフル剤としても期待が出来るのです。デザインというものが、ある象徴的なものを構築する事を主体としていた時代がありました。それはとくにグラフィックの分野において言える事ではありますが、そもそも主体をデザインとしていたのは、またはその現象というのは、主体を構築する事が、その時代に合ったデザインだったからにすぎません。それが果たして現在の状況に当てはまるとすれば、とても勘違いをしていると思います。主体を構築する事は、それらの複製の排除に繋がります。果たしてそれは、現在のニーズ、または、熱のようなものにマッチしているでしょうか。言葉は悪いかもしれませんが、誰もが真似できないであろう主体を作るという事は、ユーザーが勉強不足の場合にとても効果を発揮します。「よく分からない」が感動出来る、共感出来るものに対して人は無意識に惹かれるものです。それは、恐らく宗教のようなものに似ているかもしれません。圧倒的なモノづくり、解釈出来ないものというのは、神的であり、一見して、とても官能的で神秘的なイメージを得るかもしれません。ただし、それは、デザインを主体として印刷として考えた場合、少し思想逆行させた、在り方な気がするのです。圧倒的な主体のデザインは、同時に圧倒的な消費者、この場合は信者と言っていいかもしれませんが、それしか生まないのです。その後に残るのは何か、想像すれば簡単な事です。消費者は何も生み出しません。何も発展もなければ、ただ、それを扱うのが上手くなるだけで、ただただ消費するに至ります。この策定は、それら象徴的で主体的なデザインに警鐘を鳴らす、または、否定する方法であるとも言えるのです。何故、そのような主体デザインに対して否定になるのかと言うと、それらも「策定」としてしまうからです。策定は「デザイン」ではありません。あくまで、印刷を策定するに至るものですから、デザインとは役目もポジションも違います。もちろん、策定そのものは、これからのグラフィックデザインのチャンスと機会を大きく促すきっかけになるものと考えられますし、とくにプリパブでは、この策定はそのように扱う事になるのですが、あくまで、デザインではない、印刷に至る為の方法論である、という事を、是非、念頭に入れていただくと、とても分かりやすいかと思います。策定を行えば、すべてのモノづくり、この場合は印刷の全ての現象という事になりますでしょうか、それらをフラットに見渡す事が出来ます。そうする事で、今まで神的で、象徴だった主体のデザインの結果としての印刷物もフラットになり、その策定を全ての対面している物事がある皆さんが利用する事が出来るのです。