難易度Cランクの印刷加工ってどうなの

既に整えられたワークフローを利用するパターンを指します。単に頼みやすい、遂行しやすいという意味合いも含まれていますが、広義な意味でプロフェッショルな場合でも、依頼が専門分野外という事が起きますから、一概に素人向けと判断するのは少し違うかもしれません。また、同時に素人に向けて印刷所がある程度準備している状態に頼る、とも表現出来そうです。プロフェッショナルといえど専門分野外は素人であり、もちろん、そうならないように努めていたとしても、予算や人脈の問題などから、その専門部隊に任す事が出来ない状況が多く存在します。また、WEBデザイナーの例のように、データは作れても未経験の場合などは、全力でワークフローに頼った方が事故が少ない印刷の実現が可能です。このような場合は、金額も安定していますし、違う見方をすれば、Aランクの印刷加工と紙一重と言えるかもしれません。印刷としての最新技術を有している印刷所は手法を最初から作る、または、既にそのようなワークフローをグラフィックデザイナーとともに長くにわたって作り上げてきた経緯がある事などから、業務遂行をシンプルにし多くの発注を促す為に用意している場合があります。印刷所に頼るという意味合いが強い事から、こちら側からの意図や、所謂こだわりに該当する範囲が整えられたワークフローの範囲となるので、もちろん、その範囲でも今や十分に様々な加工が可能ですから、組み合わせ次第で非常にバラエティの飛んだ加工の実現が出来るのも特徴と言えます。ただしリスクの部分として、用意されたワークフローの範囲なので加工所側との連携が取りにくいという一面も含まれており、あくまで、サービスの利用の範囲での距離感が保たれるのも特徴かもしれません。一部、専門分野におけるプロフェッショルの為に用意されている最新の技術を利用したワークフローについてはAランクに該当するかと思います。

難易度Bランクの印刷加工の存在意義

このランクは広義な意味が伴う事になります。現在とても多くの発注者がこのランクBを「印刷」とし、それらを謳歌しているとも言えますし、所謂ところのプロフェッショナルにとっては、単発仕事の対応で、このランクにワザと調節する場合もあります。例えば、多くの同人誌界隈の印刷や、個人ユースの印刷物がこれにあたるのですが、商品として販売しているが継続して安定化した状況を作り出していないという状態が複数存在しています。ある程度、印刷物として、というよりも、個人的意思や作用を強くした「作品」のような加工物と言い表すのが一番近いように思いますし、または、そのように調節をした印刷物の時にも、このランクで扱うのが良いとも感じます。ここで注目して欲しい重要な事は、それらが継続する事を目的としておらず、形骸としての印刷物を構築しているという部分です。最近、雑貨界隈で、この手の印刷加工物が多く存在し、または、各種の印刷加工所も、これらに合わせたサービスを展開している状況もあって、ついつい、ランクA並の印刷という状況を作っていると見間違うことがありますが、決してそれらはランクAとして機能しているものではなく、あくまで、ランクBとして扱うべきものであると、一応の線引きをしておいた方がいいと思います。ただし、これは、繰り返しお伝えしておりますが、このランクは、あくまで差別化であって、品質がどうという話ではありません。品質の面で書くと、ランクAで言うところのプロトタイプが、このランクBとなりますから、ランクBの方が自ずと品質が上がる可能性があるからです。

難易度Aランクの印刷加工について考えてみる

専門性の高い領域、とでもしておきましょうか。ある程度の入稿の経験と知識の集約を経て辿り着く、所謂プロフェッショナルなランクです。この発注が出来るようになれば、この世界で食っていける層と言えます。通常、プロは印刷加工物として、この品質を目指して仕事に挑みます。また、サービスの部分として、または収入を得れるメインストリームとして、この領域を目指す事で、かなりのプラスを獲得するに至るとも言えます。ランクSが神の領域だとすれば、ランクAはしのぎを削る戦場のようなものかもしれません。印刷物をビジネスとして流通に乗せたり、繰り返し獲得出来る何かの状態まで持っていく事も、このランクでは必須となります。そういった発注というのは、印刷業界にもかならずプラスになりますし、趣味趣向に偏った、一回限りの生産と違い、あらゆる面で安定を期待出来るかもしれません。しかし、現状、印刷自体が縮小の一途を辿っていますから、このランクAでも実現が難しい現実が、今、私達の目の前に顕となって立ちふさがっているのは間違いないと思います。ただ、実際、2016年現在で言うところ、このランクAを実現出来るのは、既に成立しているランクAの維持に努めておられる発注者はもちろんの事、新たな状況としては、WEBデザイナーが、ちょこっとばかし稼ぎ、同時に印刷という形骸に興味を持っている層というのが、確実に存在しています。いまや、グラフィクデザイナーの稼ぎ口は印刷ではなく、WEBデザインの方が楽だし、タグが打てれば価値が安定しているので(と、言ってもプログラムの時点では底辺層ですが)、もっとも、今、印刷というものを、とくにランクAを実現出来る新たな動きであると言っても過言ではありません。ただし、データは作れるが、入稿の仕方が分からない、それが印刷のデータに適しているかジャッジ出来ない、などといった状態が、今、であり、そういった解説本や、資料がめちゃんこリリースしている背景も見逃してはなりません。また、縮小気味の印刷業界と言ってもジャンルやシーン、例えば、同人誌周辺や、ゲームマーケット勢などを見回せば、まだまだ実現可能であり、勝負していいランクと言えます。

難易度Sランクの印刷加工ってなんだろう

いわゆる印刷系のグラフィックデザイナーは、極々限られた、それはもう特別な仕事を与えられる権威ある人以外は、実は、かなり決められた範囲での印刷加工に特化している場合が多く、特別な仕事を与えられるクラスとなると、資金も豊富で、自らの懐を痛めるといった事はなくプロフェッショナルな仕事として進行するので、既に難易度がSの場合が多く、一般的な地平線に照らし合わせて参考にしてしまうと、まず、実現が不可能な域という事で良いと思います。つまり、難易度Sとは神の域であり、それらを遂行出来るのは、本当に限られた人達であるという現実を直視する為のランクだと言えますし、夢だけ見る分にはタダ、想像する分にはタダ、なので、ああしたいなー、こうしたいなー、という理想と妄想を最強にひけらかした結果を、そっと、現実にあてはめた時、ああダメだー!となるのが、大体、このSランクにあたると思います。実現に関していえば、お金さえあれば大体解決します。この点に関していえば、印刷所、技能、知識、デザインにおける人の状況の全てが揃っていたとしても、お金が無いと機械は動きませんし、職人も動きません。こういうことを良心で語ってはいけませんし、みんな稼ごうと頑張っていて、その結果が今の面白そうな印刷の状況を作っているのだとすれば、間違っておらず合点がいくのではないでしょうか。そうなのです。今の取り巻く印刷の状況というのは、稼ごうと思って行った結果であり、そういった「特別な仕事」を手に入れて、Sランクの加工を実現している周辺というのは「稼いでいる」のです。だから出来る。それが難易度Sランクです。