印刷の難易度


印刷には様々な難易度があります。技術的にもそうだと思いますし、入稿や、それまでに掛かる何かかもしれません。予算やタイミングもあるでしょうし、それぞれがそれぞれで、印刷の難易度だと言えます。では、印刷を策定する上での難易度とはなんでしょうか。この場合、その全てを統括する印刷というものをスムーズに遂行する為のポイント、というものが一点あります。今は、むしろ、それさえクリアしておけば、印刷の発注者たる私達が質の良い印刷加工物を手にするのは容易であるとさえ言えます。それは、印刷の「頼みやすさ」を基準とした難易度です。例えば、町の見知らぬ印刷所に突入して発注する場合と、グラフィックに発注する場合、どちらが発注をしやすいでしょうか。答えはとても簡単です。それはグラフィック、と、ほとんどの人が答えると思います。加工の種類の豊富さ、値段も含め、品質を見比べれば、値段相応、しかも、いろんな発注の仕方をサポートまでしてくださっている。基本、技術の高い所に頼むのは、とても難易度が高いのですが、これにも理由があります。職人が頑固だとか、営業が居ないとか、もちろん諸説ありますが、一番は、その規模と経緯を見れば一目瞭然なのです。個人が発注する数字というのは、せいぜい数千枚まで、といった所だと思いますが、キャリアを積み、技術を高めた所は、何万枚、何十万枚と、同じ仕様のものを繰り返し印刷してきた経緯が、そういった難易度の高さを生んでいます。また、技術の高まり=その工程の複雑さを日常化してしまっているパターンもあります。発注者がその仕様に合わせる為に、様々なものを用意しなければいけない難易度の高さです。これも恐らくは「頼みやすさ」を発端とする難易度と定義する事が出来ますし、同時にこれらを意識しクリアをしていく事で、他の難易度も緩和されるはずです。自分にとって、相応しい印刷とは何か、今、自分が作ろうとしている印刷物は何か、など、きちんと難易度を選び取り決定する事で、より明確に頼む場所が見えてきますし、仕上がりが分かってくるかもしれません。では、私たちは何の為に技術を知ろうとしているのでしょうか。または、印刷の側も何故、発注者に技術の解放を行っているのでしょうか。この件に関しては現状、疑問を感じずにはいられません。もちろん技術を学び、新しい知識を手に入れ、印刷の発注の機会を伺う事はとても大切な事だとは思いますが、発注者と印刷所の距離を縮める事は、もしかしたら、善い印刷の発注者を生む事になるのかもしれませんが、最近の動向として、印刷所が恐くない場所であり、皆んなの場所なんだよアピールが横行しつつあるようにも見えるのですが、これは、本当に印刷にとって正しい道なのでしょうか。本当に善い発注者を生む行為と言えるのでしょうか。印刷を策定する上での難易度設定において、なんの達成にも成っていないようにも感じますし、なによりも、目新しい、分かりやすい、崇高な技術というのは、すぐ消えます。これは既に様々な分野が経験してきた事だと思うのですが、印刷の技術は果たして、そうあるべきものなのでしょうか。だって、印刷加工技術なんて、どんなに見せ方変えたって、そんなに変わらないし、で、あるならば、オフセット印刷界隈の純粋に技術を追いかけて、その専門性の高さを維持している方が真摯な姿勢でありつつ、そういった技術の難易度を下げる作業の方が、とても印刷の世界に貢献出来ているし、そういう意味で文脈としての「過去」の技術としての印刷、というのは同時に希少価値も高くなる、という事だと思います。少し後半は某加工連に向けた目線で書いてしまったが、こういった現状に対して、難易度を設定し、意識した上で解決に向かう視点の育みは、そういった消えそうで、もがいている古い技術に対して、今の最先端の技術との連携を生み出すきっかけになるのではないか、と期待も込めています。

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です