印刷を策定する難易度の捉え方


質の高さやサービスの由来しない所でそれらを取り決めます。純粋なる「頼みやすさ」「頼みにくさ」みたいなものは、それらに影響する事は無いと思っています。というのも、もはや、今、営業活動を実現出来ている日本の印刷所というのは、そういった篩にかなりかけられた場所が多く存在し、既に質の差、サービスの差では語りにくい状況になっており、残るは珍しい加工の種類、そうですね、加工の種類を着眼するという方法は、現在の印刷が齎らしてるシーンの1つの方向ですが、そういった加工の種類や、経験、参加しやすい仕組み作りなど、モードが次へ移行している印象も受けます。ただ、このPRINTPUBでは01の時にも書いた通り、純粋に技術が刷新したり、新しい技術で何か可能性のようなものが浮上した場合は、それはやはり印刷は技術が成せる技ですから、其処をピックアップして取り上げるのが本来の印刷であるという捉え方が正しいと思います。そして、今回お伝えしたい、「頼みやすい」「頼みにくい」の根本はやはり其処にこそあるのですが、印刷は技術であるとともに、同時に印刷所も含まれるのではないかと感じています。印刷と、印刷所は、違うと思うのです。印刷の技術の種類の観点から語る場合、もちろん、それもとても楽しいお話なのです。しかし、その場合、この種類が出来る印刷所は、此処と此処、という具合でしか紹介が出来ず、例えば、印刷は「頼み方」で仕上がりがとても大きく変わってくると思うのですが、同一の技術であったとしても、そういったメディアを通じた伝え方1つによって、その情報を元にスタートしてしまっている場合に、平均的な印刷所への依頼、みたいなものに慣れすぎてしまった結果、印刷所によっては、「頼む側」も「頼まれる側」も柔軟に対応しづらい状況が起こってしまうのではないでしょうか。で、あるなら印刷を語るのであれば、同時に、印刷所も語らなければなりません。むしろそれらは1セットであり、印刷所によって、例え、基準値があったとしても、印刷の技術の捉え方や発注の受け取り方に至るまで、全てが同じという訳にはいかないと思います。

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です