難易度Sランクの印刷加工ってなんだろう


いわゆる印刷系のグラフィックデザイナーは、極々限られた、それはもう特別な仕事を与えられる権威ある人以外は、実は、かなり決められた範囲での印刷加工に特化している場合が多く、特別な仕事を与えられるクラスとなると、資金も豊富で、自らの懐を痛めるといった事はなくプロフェッショナルな仕事として進行するので、既に難易度がSの場合が多く、一般的な地平線に照らし合わせて参考にしてしまうと、まず、実現が不可能な域という事で良いと思います。つまり、難易度Sとは神の域であり、それらを遂行出来るのは、本当に限られた人達であるという現実を直視する為のランクだと言えますし、夢だけ見る分にはタダ、想像する分にはタダ、なので、ああしたいなー、こうしたいなー、という理想と妄想を最強にひけらかした結果を、そっと、現実にあてはめた時、ああダメだー!となるのが、大体、このSランクにあたると思います。実現に関していえば、お金さえあれば大体解決します。この点に関していえば、印刷所、技能、知識、デザインにおける人の状況の全てが揃っていたとしても、お金が無いと機械は動きませんし、職人も動きません。こういうことを良心で語ってはいけませんし、みんな稼ごうと頑張っていて、その結果が今の面白そうな印刷の状況を作っているのだとすれば、間違っておらず合点がいくのではないでしょうか。そうなのです。今の取り巻く印刷の状況というのは、稼ごうと思って行った結果であり、そういった「特別な仕事」を手に入れて、Sランクの加工を実現している周辺というのは「稼いでいる」のです。だから出来る。それが難易度Sランクです。

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です