難易度Bランクの印刷加工の存在意義


このランクは広義な意味が伴う事になります。現在とても多くの発注者がこのランクBを「印刷」とし、それらを謳歌しているとも言えますし、所謂ところのプロフェッショナルにとっては、単発仕事の対応で、このランクにワザと調節する場合もあります。例えば、多くの同人誌界隈の印刷や、個人ユースの印刷物がこれにあたるのですが、商品として販売しているが継続して安定化した状況を作り出していないという状態が複数存在しています。ある程度、印刷物として、というよりも、個人的意思や作用を強くした「作品」のような加工物と言い表すのが一番近いように思いますし、または、そのように調節をした印刷物の時にも、このランクで扱うのが良いとも感じます。ここで注目して欲しい重要な事は、それらが継続する事を目的としておらず、形骸としての印刷物を構築しているという部分です。最近、雑貨界隈で、この手の印刷加工物が多く存在し、または、各種の印刷加工所も、これらに合わせたサービスを展開している状況もあって、ついつい、ランクA並の印刷という状況を作っていると見間違うことがありますが、決してそれらはランクAとして機能しているものではなく、あくまで、ランクBとして扱うべきものであると、一応の線引きをしておいた方がいいと思います。ただし、これは、繰り返しお伝えしておりますが、このランクは、あくまで差別化であって、品質がどうという話ではありません。品質の面で書くと、ランクAで言うところのプロトタイプが、このランクBとなりますから、ランクBの方が自ずと品質が上がる可能性があるからです。

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です