難易度Cランクの印刷加工ってどうなの


既に整えられたワークフローを利用するパターンを指します。単に頼みやすい、遂行しやすいという意味合いも含まれていますが、広義な意味でプロフェッショルな場合でも、依頼が専門分野外という事が起きますから、一概に素人向けと判断するのは少し違うかもしれません。また、同時に素人に向けて印刷所がある程度準備している状態に頼る、とも表現出来そうです。プロフェッショナルといえど専門分野外は素人であり、もちろん、そうならないように努めていたとしても、予算や人脈の問題などから、その専門部隊に任す事が出来ない状況が多く存在します。また、WEBデザイナーの例のように、データは作れても未経験の場合などは、全力でワークフローに頼った方が事故が少ない印刷の実現が可能です。このような場合は、金額も安定していますし、違う見方をすれば、Aランクの印刷加工と紙一重と言えるかもしれません。印刷としての最新技術を有している印刷所は手法を最初から作る、または、既にそのようなワークフローをグラフィックデザイナーとともに長くにわたって作り上げてきた経緯がある事などから、業務遂行をシンプルにし多くの発注を促す為に用意している場合があります。印刷所に頼るという意味合いが強い事から、こちら側からの意図や、所謂こだわりに該当する範囲が整えられたワークフローの範囲となるので、もちろん、その範囲でも今や十分に様々な加工が可能ですから、組み合わせ次第で非常にバラエティの飛んだ加工の実現が出来るのも特徴と言えます。ただしリスクの部分として、用意されたワークフローの範囲なので加工所側との連携が取りにくいという一面も含まれており、あくまで、サービスの利用の範囲での距離感が保たれるのも特徴かもしれません。一部、専門分野におけるプロフェッショルの為に用意されている最新の技術を利用したワークフローについてはAランクに該当するかと思います。

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です