印刷にとっての拘り


印刷にとっての拘りってどういうものを指すのだろう。紙とか、デザインとか、印刷の技術のジャンル、活版印刷とか、箔押しとか、他には無い見た事もない仕上がり、組み合わせ云々など。どれもこれも拘りで正解だと思うし、印刷という「拘れる」範囲の許容は、同時にその技術的な幅の広大さを思い知らされます。ただ、その視点では、オフセットは印刷にとっての拘りではない?普通の貼り箱や、単にミシン目を付けたりするのは、在り来たりで拘りとは言えない?などなどの疑問がどうしても残ってしまいます。また、僕は、私は、これに拘ってるからいいんだ、みたいな主観に陥らない視点というのは、なかなかに印刷の分野では見つけにくいのも現状なのかなと感じますし、それらをパブリックで共有しているのってあまり実は見た事がありません。印刷に関わる以上は技術の範囲を出る訳にはいかず、どうしても、それぞれを点として捉えざるえないのですね。なので、近さはあったとしても概念としての共有と発展の難しさというのは拭えないのが現状だと思います。皆が腹の中では自分が一番拘っていると思っている状況でありつつ、すぐに新しい拘りを見つける事も出来る、なんとも広い樹海のようです。そこで、1つ、提案としての「策定」があります。「策定」に興じる行為は、印刷を概念化し、その思想を共有、発展させる事が可能になります。なによりも、最終段階である印刷工程という名の、それまでに続く樹海に一本の道筋を示す事が出来るのです。また、単に、素材や技術、ジャンル、といった、分かりやすくキャッチーな言葉などに代表される、なんとも偏った印刷への拘りに終止符を打つ事も期待出来ます。例えば、新しい印刷とは何か、印刷にとっての商品開発とは何か、などもきちんと紐解く事が可能になり、知恵としての枝分かれの印刷概念の構築を行う事も出来るのです。「策定」は現在の樹海と化した印刷術の解決策の1つであると同時に、より、印刷術を楽しむ為の方法論、または概念であると、確信を持って言えます。もともとは、この「策定」は、それを生業にしている人たちの中でも極一部の人間が考えれば良いものであり、どちらかというと製造側よりも、それをビジネスとして成立させたりの営業側が、少しずつ時間を掛けて作り上げてきたのではと想像しています。しかし、現状として、個人が仕込みから印刷発注まで全て行う動きが活発した最近の動向から察するに、一人一人が、その能力を携えて、正しい認識で印刷を捉える事が出来れば、より素晴らしい印刷の達成の連続が発生すると考えています。そのような「策定」に拘った、デザインや、紙や、印刷の技術の選択を是非、皆さんには味わって欲しいなと思っているのと、一番の面白い部分として、それらの共有はオリジナリティを損ねる事なく、優秀な「策定」は真似る事が出来るのですね、しかも真似てもなんら問題がないのです。何故なら、既に私たちは、ある一定の「策定」を真似し続けていたり、誰かの誘導に乗っかっているからです。また、この「策定」は、個人のベクトルで変化やミックスなども自在に操れますし、本来は無数にあっていいはずのものなのです。そして、その1つの拘りはたくさんの人が使っても問題がない上に、無数に存在していたとしても、技術そのものを変えようって話じゃないし、素材を特別に作ろうって訳でもない、だからこそ、より「印刷」が「印刷」として在る為の概念でもあります。そして、この「策定」こそが何よりも「印刷にとっての拘り」なのです。

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です