どこからを加工所に頼むべきか、または、その姿勢について


一言で規模、というものがあるし、その加工所が得意としている分野を把握しているか、というものがあるし、一概にこの線引きをすれば善い、という明確な回答を出す事はとても難しいように思います。fengfeeldesignのような規模の場合は、とても個人的な仕事が多いので、部数が少なく、リクエストが細やかなので、最初から加工所に声掛けする事を選択肢から排除し、fengfeeldesign自身が紙を購入して、知人のところのオンデマンドをぶん回して、切ったり折ったりなどをする場合があったりします。DIYといっても、手順や方法が合っていて道具をキチンと選んでいれば、あとは練度ですね、それさえ備わっていれば加工所と変わらないクオリティが出せます。ただ、数が少なく質がいいものが出来るという事でその評判が立ってしまい、これじゃあデザイナーというよりも、もはや加工所じゃねえか!という日々を過ごした後日譚がありますが、今はオマケ的な扱いで限定的に行っている、というのが現状でしょうか。それくらい、加工所に声を掛けるのに気を使うのですが、それには幾つかの理由があります。まずは、実は加工所は個人ユースではありません。個人のお客様で、あーだこーだと、何処かで知り得てしまった加工技術の知識の夢をリクエストしてくださる事が多々あるのですが、その8割の方が条件となる部数と金額で断念する事がほとんどなくらい、個人には優しくないのです。fengfeeldesignがお世話になっている、比較的小さな町のオフセット印刷所でも、初期は1万部、がベターな数値でした。それが5000になり、3000になり、1000になり、今では100部の印刷が可能になっています。ただし、その100部でも本当は1000部の金額と同じというのが条件、もしくは譲歩してくださっています。本当は1万部作りたい機械で100部というのは、なかなかにリスキーだし、同じ機械を動かすコストで考えると、声掛けする事をなかなかに躊躇をしてしまうのです。それでも、個人を相手にしてくださるパターンというのが幾つか存在しています。1つは、職人の価値を上げて、数を作っていた時代よりも単価を上げるパターンです。このパターンは、特殊加工や、活版印刷のように、加工所としても希少価値が高い場合に見受けられます。次に挙げられるのが最近の最新のパターンでしょうか。グラフィックやみかんの樹に代表されるような最新の機材を利用しパッケージ化しているパターンです。この前述と後述の2つのパターンというのは、両極のものと言えると思います。前述は、ワガママを際限なく聞いてくださる代わりに、その金額はとても大きなものになります。後述は、ワガママは限定的にしか聞いてくれないけれど、目的にハマると金額的にとても有利になります。あとは、海外に発注かけるパターンかな。最近はアナログゲーム製作では個人ユースでも利用する事があるみたいです。外国人労働者を雇ってるパターンとかはグレーなのでスルーしときます。現状として言えるのは、元々は1万部が理想だったものが、段々と数が少なくても出来るようになった。という感じでしょうかね。ただし、それは加工所にとっての利益減なので、結局は1万部の時の額面が欲しいのと同時に、だからこそ保ってきたクオリティと、今、私たちが「デザインのひきだし」などで目にしているものは、その背景があるという事を忘れないで欲しいなと思います。つまり、印刷が美しいのは過去に大量に作ってきた経緯があって、其処に裏付けられた技術があるからこそで、それを今は個人ユースとして使える、なんとも贅沢な事になっているという感覚を持っていただく事で、なぜ、そんなに金額が高いんだ!という疑問が晴れるのではないかと思います。また、これを現場目線に変換すると少し違ったものが見えるかもしれません。現場の職人さんや営業さんは、ワガママを叶えたい!と思っています。中にはそうでない方もいらっしゃいますが、積極的に印刷の加工について営業をしている加工所ならば少なからず、出来れば!出来るだけ!実現してあげたい!、と、そう思ってくれている事も加工を決めていく一つのポイントにすると、加工所選びの際にもいろいろと見えてくるかと思います。金額にしたって悩みながらセッティングしているはずです。元々は数を多く加工する事で利益を得ていた業態ですから、今のような変化に対してどのように接すればいいか考えて金額を練りだしているのも想像は簡単なはずです。技術の種類にしても、印刷というものにおいては、ありきたりで金額の安いものが拘っていないというものではないと思います。墨一色であっても、その策定次第で黄金に輝く何かに変貌をとげます。活版印刷はそういった意味では、部数が限定されたリトルプレスにうってつけです。そのような視点で見てみると、どこからを加工所に頼むべきか、は、加工そのものの品目への拘りよりも、目的や予算に合わせて方法や素材や技術を選び取り、その限定されたものから作り上げていく事の方が、印刷というものに対しての正しい姿勢だと言えるのではないでしょうか。

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です