グラフィックの最強の使い方、もしくは、やっぱりグラフィックは凄い的なあれ


そう、あの印刷の通販で有名なグラフィックさん(http://www.graphic.jp)である。短期納期安価で信頼出来る安定品質。それだけでも十分なのに、それに加えて豊富なオブションも魅力的だ。中には印刷を依頼せず抜き加工のみを依頼するツワモノも現れるほど、その多様性の跳び方は他に類を見ない印刷の仕組みを作り出している。fengfeeldesignも使う事がとても多い。なにせ、ここで基本的に必要な想像しうる全てが出来るものだから、「使い方」の工夫次第では無限の可能性を秘めている。印刷品質も最新の機材の導入など、その安定性に加えて、他の安価な通販システムによるオフセット印刷の追随を許さない出来栄えなのは他には無い特徴だと言える。納期を例え7日に設定していても5日で仕上げて発送してくれるなど、生産面においても無駄を作らない社内での仕組み作りは、もはや極みの域に達していると思われる。もちろん、仕上がりの際の色などを追及したり、本来の意味での印刷物を制作すると言った技術レベルの話をしてしまうと、金額の通り、納期の通り、まあ、こんな感じ。と言った具合に、まあまあな仕上がりに他ならないのだが、それらを差し引いたとしても、このグラフィックを使用するメリットの方が大きく感じるのは、使いやすさ頼みやすさホスピタリティの点において、圧倒的な利点があるからに他ならない。ただ、もちろんデメリットもある。前述したように、高品質な印刷加工を実現出来ない事もそうなのだが、印刷加工がディスカウントショップ化するというイメージの定着に一役買ってしまっている節がある。これは、もともと金額を明かさない製造業のタブーを破った形になるのだが、金額の提示自体が発注者ではなく消費者という、なんとも気まぐれな対象を生んでしまったのだ。グラフィックは、本来提示していい金額ラインを未余ってるいるようにも感じる。値段の提示は印刷加工そのものを「商品化」する動きの1つであると言えるが、この動き自体は、これから主流になりうる可能性がある観点ではある。ただし、それは根本的な発注そのものを起因するべき対象があってこそのものであり、印刷の加工の品目そのものを商品化する事であってはいけないのだ。加工そのものに一旦価値が付いてしまい、その範囲で市場が出来上がってしまうと、発注のしやすさや市場での勝利を得たとしても、印刷加工の業界そのものの発展に寄与する事は、到底適えられない難しいものへと変貌を遂げる。製造と商品は違うのだ。今や一般的になってしまったグラフィック的な方式というものは、一目で見ると一時の便利を得る事になる。しかし、そのイメージは、いざ、高品質な加工を行う場合や、グラフィックでは出来ない加工を発注したい場合に、とても大きな壁として立ちはだかる事になる。その事を、このグラフィックを使いこなすヘビーユーザー達は知っておかなくてはならないのだ。もしかしたら、グラフィックだから出来るのであって、他の印刷加工とは別の物、というイメージを持った方がいい。グラフィックは凄い的なあれは、グラフィックが独自に齎した「印刷」という名の「策定」であり、それが印刷というイメージの全てにするべきではないと思う。そうすれば、グラフィックを最強に使いこなす事自体はとてもイージーだし、その範囲で、とても便利な印刷を実現出来るとも思う。ただ、それを広義な意味での「印刷」として捉えるのは間違いである事を、脳裏の片隅に置くべきだ。まあ、それでもやっぱ、安くたくさんの印刷物を手にさせてくれているグラフィックさんは凄いと思うし、これからも多分、そういう意味での印刷を引率していってくれるんだろうなと予感しています。そして、fengfeeldesignも使っていく事になる。グラフィックはスタンダードになってしまったけれど、短期納期安価で信頼出来る安定品質というのが、既に印刷にとって特別だし、そういった意味で希少価値の高い状況を作っている。こんなに最新の技術を容易に使えるとか、ガンガンと印刷と戯れていいと思うし、グラフィックじゃない所に頼むという事は、短期納期安価で信頼出来る安定品質が達成された策定ではない所に頼むという事でもある。その違いを知っておくのも、このグラフィックという場所を価値に感じる1つの指針になる。

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です